ザ・ホワイトハウス season1-1 大統領と側近たち

West Wingポータスが自転車事故!
"Potus in a bicycle accident"

この一報が大統領の側近たち一人一人に伝わる所から,このドラマは始まります.ポータスとは誰か...実はポータスとは大統領のコードネームです.つまり,大統領が自転車で事故った,んですねぇ(鈍くさいんですなぁ...byレオ・マクギャリー).
 
 ジョシュはキリスト教団体の人物とテレビ討論中に喧嘩腰の失言をし,味方にするはずの団体側を激怒させてしまった!初回からジョシュは解任の事態?
 CJは,大統領の自転車事故やジョシュの問題で,マスコミ側からの質問攻めに.West Wing
 トビーはジョシュの問題で四苦八苦.団体側の責任者らと話し合いを設定し,ジョシュに謝罪しろと命じる.
 サムはデートした相手がコールガールと解って大慌て.しかもレオの愛娘と知らず,コールガールと知らずにデートしちゃった!と勢い余って暴露した.実はその話し相手が上司の娘と分かって 「まさに踏んだり蹴ったりだなぁ...This is bad on so many levels...」.
 
そして問題のキリスト教団体との話し合いの席でこんな場面が.
団体の女性:It was only a matter of time. That New York sense of humor!
  (ジョシュの)クビは時間の問題よ.あんなニューヨーク流ギャグのおかげで!
    Josh:I'm actually from Connecticut. But the point is--
       僕はコネティカット出身ですが,あなたの言いたいことは解りま・・・
    Toby:She meant Jewish. "New York sense of humor."
       ユダヤだ!...ニューヨーク流というのはユダヤ人という意味だ.
       She meant you and me.
       つまり,君(ジョシュ)と私の事を指している.
    Josh:Let's not even go there.
       そっちへ持って言っちゃマズイでしょぅ,部長…
 
 ここからトビー広報部長とキリスト教団体側との激論になり,キリスト教の戒律の間違いを指摘しだして混乱状態!
 そこへ,すっと現れたのが,,,

・・・バートレット大統領です.
President Bartlet:First Commandment is, " I am the Lord your God. Thou shalt worship no other god before me."
  第1の戒律は,「私はあなたの神,あなたは他の何者をも神にしてはならない」
 
 そして大統領は,キリスト教に関わる過激派組織に触れるのです...
 大統領はゆっくりと笑い話を始めます,,,実は娘と孫娘の問題が頭にあって,むしゃくしゃして自転車に乗ったら木へ突っ込んでしまった... 「私は家族を愛してるし,聖書は隅から隅まで読んでいる.そこで君たちに聞きたいっ.この"神の子羊"と名乗る連中は,聖書のどこから啓示を受けて,私のわずか12歳の孫娘に,喉にナイフの刺さった人形を送りつけてきたのかっ?…あの連中を公然と糾弾しろ.それまでは,ホワイトハウスへ足を踏み入れることは許さん!」
West Wing
 さすがは大統領.カジュアルにジャンパーという服装はともかく,威厳と迫力が違います.

 こうして問題は解決されたのですが,この初回の物語から,アメリカがキリスト教・ユダヤ教と多宗教国であり,少数派のユダヤ教は差別的立場にある.そして,宗教に絡んで過激派組織が横行しており,社会問題のひとつになっていることが伺えます.無宗教同一民族の日本に住んでいては実感できませんが,他民族国家であるアメリカでは,宗教に関わる問題が頻繁に起き,アメリカ国民にとって身近な問題といえるでしょう.  

 
 さて,ココで問題です.この記事の2枚目の写真でサムとマロリー(レオの娘)が言い合っています.2人の向こう側のオフィスで,トビーと誰かが話しています.その相手は次の誰か?

  1.レオ・マクギャリー 2.CJ・クレッグ 3.トビーの秘書 4.メッセンジャー
海外ドラマ 英単語 DVD

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。