ザ・ホワイトハウス season1-2 非業の死

ホインズ副大統領
Mandy
 今回も大統領のジョークで,予定してたプロゴルファーとの会食がキャンセルに.CJは会見の対応に頭を痛めていた中,副大統領の不意打ちコメントを記者から指摘され,不気味な問題が新たに浮上.副大統領ホインズは,バートレット大統領と大統領選で戦った相手であり,副大統領は個別で側近を持ち活動をしているので,意見の相違や対立関係にあるのです.しかも大統領の叩かれ役でもあります.海外ドラマ  DVD  

 大統領のジョークでマイナスイメージがつくと,ホワイトハウスの信頼が一気に下がります.そこでメディア担当を雇うことにしました.選挙戦を共に戦ったマンディーが,敵方の議員のコンサルタントをしていたのですが,ジョシュがその議員の法案を棚上げしたため,彼女は失業しました.で,ジョシュはマンディー以外を雇うと思っていたのが,レオの一言でマンディーに決定〜!なぜ,ジョシュが嫌がるかというと,ジョシュの元彼女なんです.ジョシュはマンディーに働く条件を出しました.
Josh:For instance, you answer to me and Toby.
   意見する前には,必ず僕を通し部長を通すこと.
Mandy:I understand. ... In your dreams. In your little dreams.
   はい,わかりました...な〜んちゃってね,そんなわけないでしょ(笑).

  一方,サムは先日のコールガールとの一件について,ジョシュにかる〜い感じで相談したら,ジョシュは飲んでたコーヒーを,ブッ!と噴出し沈黙.「サム,ドア閉めた方がいい.」 といって説得しはじめます.ホワイトハウス内では,重要で深刻な話をする時は,それぞれのオフィスのドアを必ず閉め,それ以外は開けっ放しにしてるんです.そして,サムの問題はかなり深刻.ホワイトハウス職員がコールガールと一夜を共にしたとあらば,メディアで叩かれ,ホワイトハウスの信用を落とし,次の大統領選に影響しかねないからです.サムには部長に相談しろ,と強く命じます. Josh:You're playing with fire. お前がやってるのは火遊びだぞ!
Joshsam


 今回モリス・トリバー大佐という人物が現れます.モリスは軍医で,大統領の体調管理のために呼ばれました.大統領はモリスを気に入っていますから.モリスには赤ちゃんが生まれました.その子の名はコーリー.その写真を見て,大統領はヨルダンに旅立つ彼に向かって言います.

President Bartlet:Don't forget your picture. Corey's a beautiful child.
  写真を忘れるな.かわいいな,コーリーは.
Morris :I know. Look what I done.
  えぇ,そうでしょう.私に似てね.
P.Bartlet:You did nothing. You were a passenger.
  君は何もしてないだろう.ちょっと手を貸しただけだ.
  You pay the bills and do what they tell you.
  君の役目はしっかりこの子を,養うことだよ.
Morris :Yah. はい.
P.Bartlet:...Moris ! Look at that picture again.
  モリス! その写真を見てみろ.
  The past isn't the only thing your family can be proud of.
  君には過去だけじゃなく未来もあるんだ.
Morris :Yes, sir. そうですね.

President Bartlet Morris

 しかし翌日未明,モリスを含め,医師12名らを乗せてアンマンの大学病院へ向かった空軍輸送機が,爆撃されたという一報が入ります...

P.Bartlet:Leo... I am not frightened.
   I'll blow them off the face of the Earth.
   ...with the fury of God's own thunder.

   レオ..., 私は恐れない.
   テロリストをこの世から廃絶してやる.
   神の怒りを思い知るがいい.

President Bartlet
 海外ドラマ DVD

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。